entries

ショッピング

スポンサードリンク

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

archives

スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


二重まぶたのプチ整形

整形手術では二重まぶたの手術がよくされますが、その方法で耳にするのが埋没法で、いわゆるプチ整形というものです。
ナイロン糸を使ってひだを作るのが二重まぶたのプチ整形で、メスによる切開はしないというのが特徴です。
手術時間は5〜10分と簡単なもので、これがプチ整形ならではです。
手術後すぐに仕事に出ることもでき、翌日から化粧も可能という点は、メスを使わない手術の長所でしょう。
また整形手術後の痛みが少ないというのは大きなメリットといえます。
二箇所をとめるやり方が術式としては一般的ですが、仕上がりの良さや安全性を考慮すると、経験豊富な形成外科医での手術が安全でしょう。
この手術だと、仕上がりに不満がある場合があるかもしれませんが、抜糸すると元に戻るので安心感があるでしょう。
二重まぶた整形の埋没法にはいくつか注意すべき点もあって、基本的にまぶたの脂肪が少なくて、二重が作りやすい人に限られるのです。
腫れぼったいまぶたの人はうまく二重にならない場合があります。
二重の手術をした後に、、少しの間腫れたり、軽い異物感を感じたりすることがあったり、左右のひだが完全に対称ではないということがあるかもしれませんが、左右が全く同じ対称的という人もそういるわけではないので、その方がかえって自然なのです。
二重まぶた整形の埋没法の予算は2万円程度でできるところもあり、金額的にも他の手術に比べて安く、幅を直すこともできるのがポイントです。
整形後でもやり直しが気軽にできることが、プチ整形と呼ばれる所以だともいえるかもしれません。

スポンサーサイト


スポンサードリンク