entries

ショッピング

スポンサードリンク

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

archives

スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


レーザー治療でホクロ取り

ホクロ取りのレーザー治療は、早くてきれいということがまずメリットとしてあげられます。
短時間で終了し、それは1回あたり数分という程度なので、仕事や日常生活などにそれほど影響を与えることもありません。
少しの間はテープの上からメークをすることになりますが、範囲としては狭いもので、ファンデーションなどを塗ればほとんど隠してしまえる程度のものです。
レーザー治療のときにホクロ以外の皮膚を傷めることはなく、傷跡も残りにくいので気になる人にとっては良い治療法だといえます。
ただレーザー治療のデメリットはホクロの状態によって施術回数が多くなってしまうことです。
そのため皮膚の深いところまであるホクロの場合は傷跡が残らないように何度かに分けてレーザーを当てることがあります。
深いホクロのために組織が残っていると、また再発するということも考えられるので、一度治療しても完全でないとみなされる場合はまたレーザーを当てます。
ホクロ取り治療の後のアフターケアを比較的長くしなければならないこともデメリットのひとつです。
けれどもそのケアとは、基本的には消毒とテープの張り替え、色素沈着を防ぐ塗り薬、化膿止めの飲み薬の服用といった程度です。
ただし、必ず守らないといけないのが、赤みが引くまで一ヶ月、その後数ヶ月から半年くらいは患部を紫外線に当てないようにすることです。
このようにレーザー治療によってホクロを取る場合、メリットもあればやはりデメリットもあります。
それをよくふまえたうえで、レーザー治療をするかどうか考える必要があります。

スポンサーサイト


スポンサードリンク